webサーバの概要と構築について

ビジネスにおいてもプライベートにおいても、最も多く利用するサーバがwebサーバではないでしょうか?インターネットでwebページを閲覧できるのは、webサーバの働きのおかげです。

企業でホームページを作成した際に、顧客や取引先に閲覧してもらうためには、自社のwebサーバを構築しなければなりません。今回の記事では、webサーバの構築について徹底解説いたします。

▶目次

1、webサーバとは

webサーバの概要と構築について

webサーバとは、自社のホームページを公開するために不可欠なシステムです。webサーバの概要について簡単に解説します。

webサーバの働きとは

webサーバがどのような働きをするかについて解説します。

具体的に列挙すると以下の通りとなります。

  • サイト閲覧者のリクエストに応じて、webサーバの情報を開示する(webページを表示する)
  • CMSで作成されたwebページの場合は、データベースサーバとの間に入って、必要な動作を行う
  • 必要な際には、webサーバ内のデータを保護して、利用者のアクセスを制限する

httpプロトコル

インターネット上で、クライアントとユーザーが相互にやり取りを行うための仕組みのことをhttpプロトコルといいます。

ユーザーの立場で考えた場合、webページを閲覧していて、ページ上のボタンをクリックすればページが移動しますが、PCとwebサーバとの間で、そのリクエストとレスポンスを表す通信が行われているのです。

通常、特に意識する必要はありませんが、httpプロトコルに悪意のあるソフトが埋め込まれた場合、ユーザーがwebサイトを閲覧した際に、正常ではない動作を起こしてしまいます。ですので、webページを公開する際にも、適切なセキュリティ対策が必要になります。

2、webサーバを構築するには

webサーバの概要と構築について

webサーバを構築するには、固定IPアドレスの設定とサーバソフトの設定が必要要件です。
webサーバを構築するための要件について解説いたします。

固定IPアドレスとは

webページを開示するには、常に決まったグローバルIPアドレスを設定する必要があります。グローバルIPアドレスとは、インターネット上の住所を指しています。

ただ、インターネットを閲覧したり、メールを送受信したりするだけなら、グローバルIPアドレスを固定にしておく必要はありませんが、外部からのアクセスを可能とするには、常に決まった住所を設定しておく必要があるからです。

サーバソフトの設定

サーバソフトを設定するには、ソフトウェアを使用します。
最も多く利用されているのはApache(アパッチ)という無料で公開されているオープンソースです。アパッチは、世界中で利用されており、シェアの約半数を誇っています。設定が比較的容易なこと、20年の実績があり技術情報が膨大にあること、セキュリティ面で安全性が高いことなどの特徴があります。

近年は、NginxやIISといったソフトウェアもシェアを伸ばしています。

Apache(アパッチ)の特徴

Apatchの技術的な特徴は以下の通りです。

  • 安定している
  • Apachは安定性に定評があります。ソフトが不安定な場合、webページが重くなってしまったり、ダウンしてしまったりするケースがありますので、非常に重要なポイントです。

  • 機能の拡張性が高い
  • Apacheは標準型のものでも、多くの機能が搭載されています。さらに、ナンバーワンシェアということで、Apacheに対応した機能拡張ソフトが数多くリリースされています。

  • 多彩な環境に対応
  • Apacheは、Linux、Win、MacOSなどほとんどの環境で作動します。OSによって作動環境などを考えなくても良い、というメリットがあります。

3、まとめ

この記事は、ウェブサーバの概要と構築(特にweb開発ソフトウェア:Apache)について初心者の方向けに解説しています。

webサーバは普段は意識しない方が多いかと思いますが、webページの閲覧のために不可欠であり、最も身近なサーバと言えるでしょう。その働きは、単にwebサイトを表示させるだけではなく、ルールに沿って情報の開示を制限したり、サイトに動きを出したり、といった働きもあります。

サーバの構築には、固定グローバルIPの設定とサーバソフトの設定が必要です。代表的なソフトウェアとして、Apacheを紹介しています。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です